--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2006.08.31 (Thu)

月のサイクル その2 上弦・下弦サイクル 

上弦サイクル・下弦サイクル / 新月期・隠月期・満月

前記事「月のサイクル その1」の続きです。

では、その大まかな2つのサイクルは、
どういう傾向や特徴があるのか?という本題に入りたいと思います。

私のイメージ的には、新月~満月は勢いよく昇り龍(りゅう)
満月~新月は虎視眈々と眠り龍…湖の底で
体調を整えながら、ひたすら昇るべき、その時と機を待つ眠り龍
という画像で大まかに捉えていたりします(~_~;)



上弦サイクル(満ちてゆく月の期間)について

長期的な展望にたつ計画をし、物事を積極的に進めるのに適している。
たいていのことは順調に進んでいく→結果につながる生産性のある時期
縁起が良く、あらゆる関係の発展・繁栄・継続を助ける
→ 結婚時期に向いている!
上弦前記は特にエネルギーが満ち溢れ、全体のエネルギーレベルが高い。
→真新しいことを始めるのなら、この前期が最適
引き寄せる、増やす、強めるという力が強く働く
→拡大・拡張など
新しい企画や計画を実行に移す時期
栄養を吸収しやすい、筋力・体力増強などしやすい
この時期、病気にかかると、回復しにくい傾向にある
→病状が発展する
手術や出血を伴わない治療に適している
→例えば、視力矯正など
雨が降りやすい時期でもある。
特に上弦の月の日は雨が降りやすい


下弦サイクル(欠けていく月の期間)について

物事が減退・減少・衰退していく時期
→エネルギーレベルが低下する時期
やってきたことを見直し、間違いは改める
→物事を終結するのに最適
新しい関係や生活を始めても、富や運を削り取ってしまう可能性大
あらゆる不要なものを手放す・整理する・縮小する・身を引く時期
障害や、望まない・必要としないもの・人と縁を切るのに適している。
(リストラや解雇、引退なども含めて→これは特に下弦後期に)
休息・癒し・瞑想に最適→内面的な強さを引き出す
ダイエット・デトックス、健康促進・禁煙などにも向いている
肉体的・精神的バランスを調整し、
上弦サイクルに向けて元気を取り戻す時期
新月の新しいエネルギーに備えて、計画を練る
この時期に病気にかかると、比較的回復しやすい
→外科手術や歯科治療など、
出血を伴う治療は、この時期が適している


A)新月期(新月から2日間)

願い事はこの時期に!→思いや願いを心の中で視覚化する
→自分の意識と人生に、望む変化を招くことになる
→良いことのみ願うこと。他人を攻撃するような悪い願いは、
願った本人にも思わぬ反響を及ぼすので。
新しいアイディア・企画・計画を実行に移す時
新しいことに挑戦する・既存のことでも新しい方法で
取り組むのに良い


B)隠月期(新月までの前2日間)

新月に備えて、計画を練る時。
新月前後は、突発的な事故、事件が起きやすい、
精神的に不安定になる時期でもある
→どうしても成功させたいことは、新月の3日後以降に
アクションをおこすと良い結果が出やすい。

満月

★良いこと・悪いことを問わず、何かが起こる日
犯罪・凶悪事件・交通事故・破壊行為・暴動などが起きやすい
劇的な出来事が起きやすい
人の生死が集中する
それまでの努力・行い・活動に対する果実を得る時
満月2~3日後は、雨が降りやすい

※満月については、これまでの事象と考察や、「お知らせスペース」
などで書いていないことで、特に記載しておいた方が良いと
思うことをリストアップしました。
スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

タグ :

EDIT |  22:27 |  月のリズム  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
★やわたうまさんへ。
やわたうまさん、こんにちは。

いえいえ、私もアチコチにメモしていたり、色んな本の書き込みなどを整理できて、本当に助かりました! 何かきっかけがないと、なかなか整理できないもので…(~_~;)
いつものようにアチコチへ脱線しまくりそうになるのをグッと抑えながら(笑)まとめていましたが、ちょっと面白い走り書きを見つけてしまったて…
月と地球は昔、1つの惑星だったのが、神々の戦いの時に分裂した、半身だというようなことをメモしていたのを見つけて、「なにっ?」と手が止まりました。また記事にしたいと思います。

おっしゃるとおり、月は太陽と見事に対比して考えられる存在で、現実的には、男女・昼と夜・光と闇・火と水・熱と冷…など。 また、内面における陰(月)と陽(太陽)をも表すと捉えられている上に、月個人では、死と再生、無から有、そこから錬金術、魔法・魔術などにも繋がり、象徴するような奥の深い、そしてとても不思議な魅力のある存在だと思います。
私はどれだけ知っても月に対する興味が尽きません。というか、知れば知るほどますます惹かれ、近づけない…というもどかしさも感じます。

今回除外された冥王星の役割は、ばっちり昔からしていたんだなぁ…いえ、本家本元というべきか…なんて。それも月の役割(象徴)のほんの1部分だし。
なんてったって、冥王星は発見されて、たかが76年程度。
月とは比べ物になりませぬ…アメリカとヨーロッパみたいですね(笑
冥王星ちゃん、ごめんなさいです(~_~;)
mint blue |  2006年09月01日(金) 16:17 | URL 【コメント編集】
★ありがとうございました
mintさん、こんばんわ

 具体的に書いて頂いてありがとうございます。そして、どうもお疲れ様でした(^^)
 その1、その2とも私のデータベースの方に保存させて頂きました。ありがとうございます。

 中国占術の干支暦は殆んど太陽暦と同じで、一般に知られている占いで太陰暦を使うのは紫微斗数ぐらいしか知られていないと思うんですが、気学というか奇門遁甲や六壬などにも太陰暦を使用する占法があります。

 普通知られている暦と全く別な九星干支の配列になるので、ちょっと面倒でその暦を使ったことがないんですが、mintさんの記事を読ませて頂いて、ちょっと考え込んでます(笑)

 月の影響力の強さは認識しているつもりだったのですが、月はあくまでも陰界の事象を司るものだとタカをくくっておりました^^;

 でも、考えてみれば万象は乾坤から始まると易にもありますから、太陽と月は一対なんですもんね。。。^^;

 本当に良い勉強になりましたm(__)m
やわたうま |  2006年09月01日(金) 00:06 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

★月の満ち欠け★

月のボイドタイム

最近の記事+コメント

FC2ブログランキング

カレンダー&月別アーカイブ

記事コレクション&抜粋集

カテゴリー

全ての記事を表示する

星が見える言葉たち

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

プロフィール

ブログ内検索

★VeryLove★素敵ブログ

月の使いの子猫

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

メール連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。