--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2006.07.08 (Sat)

私の秘密をお話しましょう。 

叶恭子様の、お言葉のようなタイトルで…
ご期待に答え得るものかどうかは…??


そもそも、このワタクシのブログで、叶恭子様に通じるようなものを、それでなくても、期待などして下さる方が、いるかどうかも…はなはだ疑問。


恐れずに、先へ進みます。


以外と「太い神経」の持ち主のようです。


でも、あまりにも期待はずれだと、申し訳ないので、あらかじめ、お伝えします。


秘密っていうのは、


私のブログタイトル、「Secret Garden」の由来なんかを、今更ですが。


なーんだ、そんなつまらないことですか!



って、思われましたよね…多分(T_T)


私も、

そんな、人のブログタイトルの由来なんかに興味のある人なんて、

いないに決まっているぅ!


と思っていたので、密かに仕舞い込んでいて、書く予定は全くなかったのですが…。


私の知人の一人に、人のブログで一番気になることは、「な~に?」と聞いたところ、意外な解答が返ってきたのです。


「妙に気になる~こと。それはね、なんで、このタイトルなわけ?ってこと。 想像つかないこととか、あるでしょ。」


ふーん、そんな風に思う人もいるんだ。 盲点を突かれたような気がしました。


長々と経緯を説明してきましたが、そーゆうわけで、いつにも増して、つまらな~い私の秘密(って言うのでしょうか?)を、今日は書いてみます。


<免責表明文>
ここから先を読み終えて、「貴重な時間を返せ!」と言われても、責任は負いかねますので、ご了承願います。


【More・・・】


私のブログタイトル、 「Secret Garden」

なんてことない、よくあるタイトルなので、皆様、多分こう思ってらっしゃると思うのですが。

バーネットの有名な児童文学書である、邦題「秘密の花園」、原題「The Secret Garden」又は、それを題材としたフランシス・コッポラ監督の原題と同タイトルの映画から取ったものか何かでしょ。

ブログの中身を見ないで、タイトルだけを見た場合は、もしかすると、ムフフっ!な感じの話ですか?と期待される方もいるかもしれません。 なにせ、SecretGardenですから(^^ゞ (←篭さんですか? 残念でしたっ



ちょっと、軌道修正いたします。 いつものようにバカ真面目に。


ブログ左上「只今のマイブーム!」欄に、リストアップしております、 『Secret Garden』っていう、ノルウェーの作曲家とアイルランドのバイオリニストによるユニット、ご存知ですか?




あれは1999年(遠くを見つめる目)、もうすぐミレニアム!な年の瀬に、

「ぜったい、気に入ると思う。これは、あなたの世界そのものですよ」

って、彼らのアルバムを、知人からプレゼントして頂くことがありました。

ニュー・センチュリー ニュー・センチュリー
シークレット・ガーデン (1999/12/08)
ユニバーサルインターナショナル
この商品の詳細を見る


1曲目目から、ガガーン!ガガーリン! すみません。ちょっと最近、変な影響が…。 

全編を聞き終わると、涙が溢れ出て止まらなかったほど、感動的なユニットを取り上げているのにぃ…。


その1曲目のタイトルも、「ムーンゲイト」 。 聴覚的にも、私を月へと誘う門をくぐらせてくれたのであります?! これを必然の偶然と言わずして、何と言う!!


毎日3回くらいは聞いている日がずっと続いたものでした。


それから、類い稀なる作品の数々を、マイペースな活動と共に生み出す彼らと共に、ずっと歩んできました。(あなた、何者?)


無くてはならない物事、欲深いので、
かなりたくさんあるほうだと思いますが、その内の一つに、
彼らもしっかりと、入っています。


無くても死にはしませんが、ムーンゲイトを通れなくなるでしょ!


それはさておき、
TV番組のサントラなどにも、使われる機会も多いのです。


レッド・ムーン レッド・ムーン
シークレット・ガーデン (2002/03/21)
ユニバーサルインターナショナル
この商品の詳細を見る
 

このアルバムの中に収録されている「You raise me up」、歌詞も曲も大好きなものですが、このユニットが最初に発表した曲なんですよっ!

金メダルで鮮烈な印象の荒川静香選手が、エキシビションで使用してから、そちらの方で有名になってしまって、今ではケルティック・ウーマンの曲みたいになってるかもしれませんが。 プンプン。(何が?)


忘れ去りたくない、その時々の自分の思い・感情・思考を書き留めて、いつかキレイな記憶の花が咲き乱れる、私の魂の中の秘密の花園にしたいなぁ…という思いから、始めたこのブログ。

忘れ去りたくない = 無くしたくない物 = いっぱい詰め込んだ記憶の花園 = Secret Garden! (同じ言葉で表現できるしっ♪)

という、短絡的な理由から、必然的に付いた、タイトルなのであります。


ほんとーにくだらないことを、これだけウダウダと変に真面目に書けるもんだ! 時間とスペースの無駄だ!


と呆れるアナタに、救いの言葉を。   保証書無し! 


この世は全て、相対的なもので成り立っています。高低、上下、有無、などのように。 

無駄があるから価値のあるものが存在し

無駄から価値のあるものへ転換したり、価値のあるものから無駄なものへの転換もあります。


要するに、

無駄と感じたり、無駄なものに出会った時、

どう受け止めどのように理解するかによって、

無駄から価値への転換が生じる可能性がある!というわけです。


お釈迦様も「死が必ず待ち受けるのに、なぜ生まれ、生きなければならないのか?」という、最初は単なる無駄な認識でしかない「生と死」を見つめ、問い続けることから、悟りへの道を開かれたのですから。


全ての物事や出来事は、

『受取り方・考え方・見方』一つで、

いかようにも変わる!


のであります。


なんて、詭弁の言い訳…(^^ゞ(^^ゞ


Secret Gardenの曲を気に入っていただけて、それだけでも「まぁ良しとしよう」と思ってくだされば、幸いにございます。

あらあらかしこ。


スポンサーサイト

テーマ : モノの見方、考え方。 - ジャンル : 心と身体

EDIT |  01:32 |  日々のつぶやき  | TB(0)  | CM(4) | Top↑
★machiさんへ。
machiさん、こんばんは!
あらら~ちょっと(かなり?)おふざけモードも入っているこの記事も読んで頂いて…あ、ありがとうございます^_^;←少し赤面しながら(笑

共感して頂いて、すごく嬉しく、励みにもなります♪ありがとうございます!
私も、machiさんのお言葉に、思いも新たに歩んでいきたいと感じさせて頂きました♪
これからも、どうぞ宜しくお願い致しますねっ(^_-)-☆
mint blue |  2006年11月11日(土) 22:10 | URL 【コメント編集】
改めて、このブログの由来を知りました。

『全ての物事や出来事は、受取り方・考え方・見方一つで、いかようにも変わる』は、まさに今の私が、周りの大切な人達にいつも話している事です。

少しずつ、いろいろな窓を覗かせていただいております。
その中で、私が今ここにたどり着いた意味が、だんだんと分かってきたような気がします。

mintさんとの出会いに、感謝しますv-22
machi |  2006年11月11日(土) 16:13 | URL 【コメント編集】
え?弄ってますか?事実かと思っているのですが…ホホホ。
そうでしょ、いつもくっだらないことを、コネコネ・クチュクチュ考えているわけです。なぜだろう?なぜかしら?根拠や理由は何?って。妙に真面目に。 全ての事柄や結果には意味と原因がある!と教わったので…。 私の友人の、あの一言が無かったら、この話題はアップすることはなかったんですけど…お恥ずかしい。 後で、友人に注意しておきます!

今から、リンク確認に行ってきまーす。
mint blue |  2006年07月08日(土) 18:30 | URL 【コメント編集】
いきなり弄られてるっ!(爆
ブログの名前の由来なんて考えたこともなかったです。
ブログの名前に意味を持たせようとも考えませんでしたから(爆
「こだわり」が見え隠れする名前をもつこのブログ、しっかりリンクさせていただきます。
篭(ろう) |  2006年07月08日(土) 18:03 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

★月の満ち欠け★

月のボイドタイム

最近の記事+コメント

FC2ブログランキング

カレンダー&月別アーカイブ

記事コレクション&抜粋集

カテゴリー

全ての記事を表示する

星が見える言葉たち

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

プロフィール

ブログ内検索

★VeryLove★素敵ブログ

月の使いの子猫

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

メール連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。