--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2006.10.25 (Wed)

マンダラ、チベット、炎に繋がるキー 

前記事空に炎のエネルギーの続き…。

えらく長いハーフタイム休憩で…
朝から予定が詰まっていて、1日過ぎてましたよ…ホホホのホ~(>_<)

少し時系列に書いてみます。(icapoさんに習って♪)

・9月に入った頃、なぜか鞍馬や貴船のことが気になって、行かないと!と感じていた。
それは年初に、今年は京都にいつも以上に訪ねることになりそうだ…
そうしよう!
という言葉が私の中に降りてきていたことを猛烈に思い出したから。

・鞍馬も貴船も何度か今までに訪ねているけど、今年は特に訪ねたいと思っていた。
振り返れば何か自分に新たな大きな動きがある時、訪ねていたような気がする。

・そして、9月の終わり、祖母の命日の日であり、母の誕生日の日に(~の日と書いたのは、日だけが相当するからです。月は違うのです)
私の新月の願いが1個、叶って、着々と進めなくてはいけなくなった。
(面倒くさそうに書いてますけど、嬉々として進めております^_^;)

・そしたら急に今年の大吉方位を取りに、大遠征することになった。

・帰ってきたら、1017ミッションの日。(後で知ることになるんだけど)

勝手な思い込みなのは間違いない…でも、無意識に自然に…ある意味、本当の瞑想状態と言えるかもしれない深い眠りの中で、その日、意識のパワー最大増幅時間を過ごしていた。

ちょうど、エドガーケイシーがアカシックレコードにアクセスする時、眠りについていたのと同じように…
(これは、またしても大胆不敵!同列に扱うなど、ケイシー様、無礼をお許しください)

・次の日の18日
「ガスの炎のような光に包まれたマンダラ図」を見た。

・10月22日新月の日 鞍馬の火祭りの日
いつもの新月を祝う、ちょっとした個人的な儀式の後、夕方6時ごろから始まるこのお祭りに意識を合せて、これも私の個人的なササヤカな炎の儀式をしていた。

このお祭りは子供の頃、1度見たきりで、あと何度かビデオなどで見たことがあるだけなんだけど、すごく印象に残るお祭りだった。

それで、この時期になると、普段は全く忘れてるのに不思議なほど良いタイミングで、ふと気が付いて、何となくいつもしている儀式。
火祭りの時の掛け声『サイコウサイリョウ』を呟きながら…。

ちなみに、「鞍馬の火祭り」は鞍馬とついてますけど、鞍馬寺の主催じゃなくて、鞍馬寺の手前にある、鞍馬一体の氏神様である由岐神社の例祭『鞍馬の火祭』です。


私の中でキーとなる事柄は…

年初に授かった思念ー鞍馬・貴船・京都ーマンダラーチベットー新月(月のリズム)ー鞍馬の火祭りー太陽(炎のエネルギー)

これがまた、あらま!何と!やはり!と繋がってリンクしていくことになったのです。
私の中で、数珠つなぎのように…。

これについては、また明日。
やっとマンダラやチベットとの繋がりに、少しは、たどり着けそうです(^^ゞ


関連記事:炎に包まれたマンダラ図
スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

EDIT |  00:10 |  宇宙・星  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

★月の満ち欠け★

月のボイドタイム

最近の記事+コメント

FC2ブログランキング

カレンダー&月別アーカイブ

記事コレクション&抜粋集

カテゴリー

全ての記事を表示する

星が見える言葉たち

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

プロフィール

ブログ内検索

★VeryLove★素敵ブログ

月の使いの子猫

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

メール連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。