--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.09.17 (Mon)

月のボイドタイムについて 

ボイドタイムは、天体が「次の星座に移るまで、他の星(天体)と角度を作らない状態」のことです。
「月のボイドタイム」は、月が他のどの天体とも主要な角度を作らない時間ということです。

太陽のボイドタイムなどもありますが、月は特に無意識に働きかける天体ですから、気持ち・気分が不安定になりやすいとされ、月のボイドタイムは思いがけないミスや、勘違いをしやすくなるのです。
いわゆる「魔の時間」という捉え方をする場合もあります。

ボイドタイムの時には、星の逆行と同じように、約束ごと・計画を立てたり、契約などを結ぶのには
ふさわしくない時間と言われています。
スポンサーサイト

テーマ : 雑学・情報 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT |  01:54 |  月に関すること  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2006.09.08 (Fri)

蝕(食)について 

今日は蝕(食)を伴う満の日!なので、
こんな記事書いてみました。

そもそも蝕(食)とは何?

太陽とが地球と一直線上に並ぶ現象のこと。
蝕が起こる方角に直面している人にしか見えない
→蝕が起きるその時に、地球上のどこにいるかによって、
見える場合と見えない場合がある。
蝕は太陽と反対側の地上にいる人にだけ見える。
蝕・日蝕ともに紀元前3千年から記録されているそうで、
蝕の循環周期は古代ギリシャ人の名前をとって「サロス・サイクル」と
呼ばれています。 1周期は18年11日で、この周期にそって、
ほぼ同じ場所で蝕は起こるとされています。

古代人にとっての「蝕」は?
・不吉な出来事・災難が起きる前触れ、大凶の現象
・周期的な変化と結びついていると考えていたようです。

★実際に、蝕は
何らかの変化を引き起こしたり、
ターニングポイントになったり、
時には今後、将来に待ち受けるチャレンジまたは
チャレンジすべきことを予告する、光を当てると言われています。

★また、流れが変わる…と言いますか、
1つの流れ・サイクルが終わり、
新たな流れ・サイクルが始まるという時期でもあるようです。
※これらのことは、国家・政治的レベルの場合もありますし、
個人的レベルの場合もあります。

★自分の過去を振り返って、人生において重要な意味があったと思われる日・
出来事が起きた日などを調べてみると、例えば就職した日・結婚した日・
それらを決意した日、などが蝕と重なっているかもしれません。

★誕生日と同じ星座(生まれた時に太陽が入っていた星座)または、
自分の月と同じ星座(生まれた時に月が入っていた星座)で蝕が
起こっていたら、重大な影響を受けることになります

蝕が自分の太陽と同じ星座(サン・サイン)で起きる場合:
それは新しい経験を促す、意味することになります。

蝕が自分の月と同じ星座(ムーン・サイン)で起きる場合:
それは感情的に刺激される出来事を意味しています。
例えば、新しい出会い・婚約・結婚など。

★蝕が起こったハウス(室)と星座によって
どのような影響があるか、
またこれから起きるであろう出来事を読み取ることができます。

★蝕が起こる前、あるいは起きた直後に影響力は徐々に発揮され始めますが、
その影響力や効力が完全に現れるまでに、
日蝕では数ヶ月
月蝕だと数週間かかる可能性があると言われます。

★影響力の持続は、
太陽の蝕である日蝕は1時間分で、1年も続くとされ
月の蝕である月蝕は、1時間分で1ヶ月とされています。

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 心と身体

タグ :

EDIT |  13:26 |  月に関すること  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2006.09.05 (Tue)

月探査、月の裏側のミステリー 

月探査について2 月の裏側のミステリー
(ダビンチ・コードみたいですけど…そんな大そうなものではありません^_^;)

まず、各国の探査機名と予定から。

予定年国名探査機由来
2007年日本セレーネギリシャ神話の月の女神
2007年中国嫦娥(じょうが)1号伝説上の天女の名前
2008年インドチャンドラヤーン1号月の乗り物(サンスクリット語)
2008年アメリカルナー・リコナイサンス・オービタ月偵察周回宇宙船


短期間に1つの天体をこれだけ各国が目指す、探査するというのは初めてのことだそうです。
今、月を調査しているESA(欧州宇宙機関)の探査機「スマート1号」も含め、
どの国の共通している調査内容や目的は以下のように要約できます。

月面の地殻・地形・地下構造・鉱物の成分や物質の成分調査
月全体の磁気や重力場などを観測し、月の起源や進化の
過程を解き明かそうとする「月の科学」
月周辺の高エネルギー粒子やダストなどを調べる「月での科学」
地球・太陽系の各衛星などを観測する「月からの科学」
水の調査(どのような状態か)
・配置:分散?或いは1箇所に集中?量は?月面のどの付近?など
・水質:泥や砂が混じっているのかなど

ここから読み取れることは、
月を多方面から探り、将来予測される月面での有人活動にとって重要なデータが取得され、
人類は積極的な月の利用を目指している
ということ。

実際に、ブッシュ米大統領は2004年1月14日、NASA本部での演説で
「新たな宇宙船を建造し、月に新しい拠点(月面基地)を作り……われわれの住む範囲を超えた世界へと新たに旅立つこと」を構想したと発表しました。

各国の独自戦略

アメリカ
2018年頃をメドに、アポロ以来の有人月面着陸・探査を予定
将来、月面基地を築く→その基地を拠点として、火星などさらに遠くの天体へ
7種類の装置を使って科学探査
1つのロケットで2機のロケットを打ち上げ、水を詳細に調査する:
水質・水量・分布などを調査し、燃料を使い切った
「ルナー・リコナイサンス・オービタ:Lunar Reconnaissance Orbiter」を分離させ
「永久影」の領域に激突させる。
激突によって発生した月面からの噴出物に含まれる水蒸気を、
もうひとつのロケット「L CROSS」で観測し、どのくらいの水が存在するのかを確かめる

日本
日本のセレーネが一番大きく、観測機の数・日本にしか出来ない観測も多い
電波を使って地下5kmまでの地層を観測し、月の内部の構造を解き明かす
14個もの観測装置を取り付け、月を多角的に調査する
2機の子衛星と月の裏側の探査を連携して行う
月全体で重力の変化を測定→地殻の厚さが、どのように変化しているか分かる
→地殻形成の過程や歴史を読み解くことが可能
月の裏側や内側を調査し、月の2面性を探る
※これまでは、地球側に常に面している表側のことしか分からなかった

中国
中国独自に開発・製作した装置を使い、探査する
月面の3次元マップの作成
月に関する科学データを集積
→月面物質成分のみならず、宇宙空間の環境も探索予定

将来の月探査、人間の月面活動に必要なデータを得る

インド
国際協力を積極的に進め、11個の装置の内、6個は海外製。
欧米との技術協力関係を強化
→将来の欧米からの下請け産業や、さらなる技術協力を目指している
調査内容は、他国と殆ど同じようなもの



テーマ : 宇宙 - ジャンル :

EDIT |  23:53 |  月に関すること  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2006.09.05 (Tue)

月そっくりの場所・月探査の歴史 

前回の記事月探査ラッシュ!でお知らせした月探査の件で、探査に関する詳細に入る前に
まず月に関する面白情報をお知らせしたいと思います。

タイトルのとおり、
富士山麓、青木ヶ原樹海に月と似ている、そっくりな所があるそうなんです。

それは「西湖コウモリ穴」という洞窟。

洞窟全体は350mの長さがあり、洞窟内のゴツゴツした岩が月の岩石と同じ種類の黒い岩で、
これは火山から出てきたマグマが固まって出来た玄武岩。

月は1ヶ月かけて地球の周りを回り、常に月の黒い面が地球に面している。
この黒い面は「海」と「高地」の部分に分かれていて、月の表側になる。
この黒い部分「海」は、太古の火山活動で出てきた溶岩で出来た玄武岩で覆われており、
アボロ探査機が着陸したのが、この「海」と呼ばれるところだそうです。

岩石の種類が似ていて、溶岩が波状に流れて出てきた後があり、
さらに洞窟自体が月にもある可能性がある!というのです。

この洞窟は「溶岩チューブ」と呼ばれるもので、
オーストラリアのアンダーラ火山の洞窟上にそって上空から撮った地形と、
アポロが撮った月面の地形画像が、とても似ているという共通点があり、
月の溶岩チューブが洞窟のようになっているのではないかと予測されているのです。

アメリカと旧ソ連が40年前から盛んに先を競って月探査をしていた頃は、
月へ到達するということが大きな目的で、科学的成果は限られたものだったそうです。

現在は飛躍的に技術も装置も進歩しており、当時よりもより多角的に、
高度な科学的探査を行えるため、今回の各国による月探査によって、
最初の人類月面着陸から37年の時を経て、積極的な月の活用により、
さらに新たな宇宙開発の扉を開くことになりそうです!

月探査の簡単な歴史は次のページに。

テーマ : 宇宙 - ジャンル :

EDIT |  22:47 |  月に関すること  | TB(0)  | CM(4) | Top↑
 | HOME | 

★月の満ち欠け★

月のボイドタイム

最近の記事+コメント

FC2ブログランキング

カレンダー&月別アーカイブ

記事コレクション&抜粋集

カテゴリー

全ての記事を表示する

星が見える言葉たち

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

プロフィール

ブログ内検索

★VeryLove★素敵ブログ

月の使いの子猫

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

メール連絡はこちらから♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。